モバイルウェブ 小売店のアプリは来店促進に効くのか?公式スマホアプリ 1098人アンケート調査 資料ダウンロードはこちらモバイルウェブ 小売店のアプリは来店促進に効くのか?公式スマホアプリ 1098人アンケート調査 資料ダウンロードはこちら

閉じる閉じる

2020/09/07

O2O・OMO

再来店を促進するアイデア~顧客・店舗がWin-Winになる方法とは

ビジネスでは「リピーター」の獲得が必要です。顧客の再来店を促進するために、新商品を紹介するDMを送ったり、接客を見直したりしている企業もあるでしょう。

しかし、その努力は必ずしも報われるとは限りません。再来店を促進させるためには、ほかの施策が必要になる可能性もあります。リピーターの獲得にはどのような施策が必要になるのでしょうか。

この記事では、再来店を促進するためのアイデアについて紹介します。

マーケティング施策・企画に困っていませんか。

小売店にとって、永遠の課題ともいえるものが「リピーターの獲得」です。再来店の促進にはリピーターの獲得が非常に重要です。なぜリピーターの獲得が課題となっているのか、その理由について見ていきましょう。

永遠のテーマ「再来店促進」

ビジネスシーンにおけるリピーターとは、その企業の商品・サービスを繰り返し利用してくれる顧客のことを指します。いわゆる「お得意様」であり、お店のファンともいえる貴重な存在です。

リピーターは1回の購入単価が高い傾向にあります。また、商品やサービスを親しい人に紹介してくれたり、SNSで情報を発信してくれたりすることもあるのです。

このように、リピーターが企業に与える影響は非常に大きいものです。店舗の経営はリピーターによって左右されることもあるため、再来店の促進にはいかに顧客を逃さずリピーターに育成するかが企業の課題となっています。

ただ、リピーターの獲得はそう簡単ではありません。さまざまな施策を行っているものの、再来店につなげられない企業も多くみられます。特に多いのは、よくある「クーポン」「ポイント」などの施策をとりあえず試してみたもの、成果につなげられないというケースです。

再来店促進の成果を出すために、「ほかの面白い施策を実施したい」という課題はありませんか。マーケティング施策・企画に行き詰まっている場合は、何か「新しいことを始めてみる」のがおすすめです。

この記事は新しいことにチャレンジしてみたい方におすすめ

再来店を促進させたいものの、「具体的に何をすべきかわからない」「頭をひねってもアイデアが思い浮かばない」という企業も少なくありません。

アイデア不足から、いつも同じような企画ばかりを繰り返しているケースもあるでしょう。また、「ポイントカード」「メルマガ」などを活用しているものの、なかなかリピーターや売上が増えずに困っている企業も多くみられます。

メールなどの集客ツールを活用しても効果が得られない場合は、「トレンド」を意識してみると良いでしょう。なかでも、「店舗アプリ」は再来店促進ツールのトレンドとなっておりおすすめです。

アプリ開発会社が考える、再来店促進のトレンド

ビジネスにおける集客マーケティングは常に変化しています。その時代に合わせたトレンドもあるため、常に最新の情報にアンテナを張ることが大切です。

再来店を促進するためのトレンドには、「アプリ定期券」「会員のランクアップ」などが挙げられます。これらの集客アイデアを取り入れるとどのような効果を得られるのでしょうか。それぞれの概要について見ていきましょう。

アプリ定期券

再来店促進のための施策として、「店舗アプリ」は欠かせないものになっています。そのなかでも、リピーター育成に適しており、おすすめなのが「アプリ定期券」です。

アプリ定期券とは、簡単にいうと「繰り返し使えるお得な期限付き定期券」のことです。顧客が購入したアプリ定期券を提示すると、1回だけではなく何度もお得な特典を受けられる仕組みになっています。たとえば、飲食店の場合「1カ月間毎日コーヒーが100円割引になる」というようなものです。

この施策を行うことで、顧客が定期的に来店する仕組みをつくれます。再来店の促進において新しい方法ではないでしょうか。

アプリ定期券について詳しくはこちら

会員のランクアップ

再来店を促進するためのアイデアとして、広く浸透しているのが「会員のランクアップ」機能です。ランクアップすることでお得な体験を得られるというのは、リピーター顧客にとってとても魅力的です。また顧客のなかには、特別感を得るためにランクアップを目指している人もいます。

ランクアップするためには「あと何度来店すればいいのか」、また「いくら金額を使えばいいのか」という要素を可視化すると、顧客のモチベーションを高めることが可能です。

たとえば、あと1度来店して商品やサービスを購入すれば、ランクアップできる状況だとしましょう。この場合、顧客の「ランクアップしてより得をしたい」「特別な用事はないけれどお店に行ってみよう」という気持ちを引き出しやすくなります。

ランクアップ機能を上手に活用すれば、再来店の促進およびリピート率アップにつなげることができるのです。このような理由により、ランクアップは多くの企業で用いられている機能であるものの、根強い人気を保持しています。

流行りのサブスクリプションを取り入れた「アプリ定期券」

テレビや雑誌などでも多く目にするようになった「サブスクリプション」というサービス。ただ、具体的にはどのようなサービスなのか、知らない人も多いのではないでしょうか。新たな施策として浸透しつつあるサブスクリプションについて、概要をチェックしていきましょう。

誰でもわかる!サブスクリプションとは?

サブスクリプションとは、簡単にいうと「料金を支払うことで一定の期間利用できるサービス」のことをいいます。略して「サブスク」と呼ばれることもあります。具体的には、1年や1カ月というように期間を設定し、顧客はその間サービスを利用する代わりとして、料金を支払うというスタイルです。

サブスクリプションは主に、動画や音楽などの配信サービスで多く導入されていたものです。しかし、集客効果が高いことから、幅広い業界でサブスクリプションが導入されるようになりました。最近では飲食店や小売店でもよく見かけるようになってきました。

アプリ定期券は、この流行しているサブスクリプションの要素をうまく取り入れた内容になっています。

定期券の対象期間中は何度も来店してもらえるので再来店を促進

アプリ定期券は対象期間中の来店時に、何度でもお得な特典を受けることが可能です。これにより、顧客満足度を高めることができます。それに加えて、顧客の「もったいない」という気持ちを促せることがメリットです。

顧客の多くはアプリ定期券をせっかく購入したのだから、「頻繁に活用してお得感を得たい」という気持ちになるものです。その結果、再来店のきっかけをつくることができます。顧客が店舗に足を運ぶ回数が増えれば、そのぶんファンとして育成しやすくなります。

アプリ定期券をうまく活用すれば、リピーターの獲得に役立つでしょう。

今まで無料で配っていたクーポンを買ってもらえるようになる

定期券は販売するものであり「ひとつの商品」です。単純な値引きの役割だけではなく、いわば「買ってもらえるクーポン」のようなものといえるでしょう。そのため、今まで無料で配っていたクーポンを、顧客に「買ってもらえる」ことが大きなメリットといえます。顧客に定期券を購入してもらえれば、売上アップにもつなげられます。

根強い人気を誇る「会員のランクアップ」

顧客に満足感を与えるためには、「会員のランクアップ」を活用することが大切です。会員のランクアップを活用することによって、再来店の促進に役立ちます。

それでは、なぜ会員のランクアップによって再来店を促せるのでしょうか。機能の概要と具体的な理由について見ていきましょう。

購入金額に応じた会員ランクが設定される機能

再来店を促すための施策として、広く浸透しているのが「会員のランクアップ」機能です。会員ランクとは、一般的に店舗を利用する頻度や金額などによって、「顧客をランク付け」するものです。ランクごとに「割引」や「特典」などを設けて、顧客ごとに提供を行います。

なお、顧客ランクの呼び方や決め方は、企業によってさまざまです。たとえば、顧客を「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」の3つにランク分けしている企業もあります。

ランクに応じてお得な特典を得られる

会員をランク分けすると、顧客に「特別感」を与えられるというメリットがあります。一定のランクの人にだけ特典を設けることで、その顧客は「自分は特別扱いを受けている」という高い満足感を得られるのです。

それに、気に入っているお店の商品やサービスを購入してランクが上がると、気持ちがわくわくする顧客もいます。なかには、「次のランクを目指すとどんな特典がもらえるのか」とゲームを楽しむ感覚でチャレンジしてくれる可能性もあるでしょう。

また、割引などの特典があれば、お得にその商品やサービスを購入できるため、「次回もこのお店を使おう」という気持ちにさせることができます。

店舗側はロイヤルカスタマーを可視化できる

会員のランクアップ機能は顧客だけではなく、店舗側にもメリットがあります。それは「ロイヤルカスタマーを可視化できる」ことです。ロイヤルカスタマーとは、特定の企業の商品・サービスなどに対してロイヤリティが高い顧客のことです。

ランクアップ機能によって店舗のお得意様は誰なのか、しっかりと把握できるようになります。ロイヤルカスタマーの情報を活用することで、どのような施策を打ち出すべきか考えやすくなるでしょう。

再来店促進において、アプリは重要な役割を果たしている

現代はインターネットやスマホが普及しており、マーケティングにおいても重要な存在になっています。スマホで手軽に利用できる「アプリ」は、再来店促進において重要な役割を果たしてくれます。そのため、多くの企業ではマーケティングに有効なツールとして、「店舗アプリ」の導入を進めているのです。

アプリの導入は再来店促進においてどのようなメリットがあるのか、詳しくチェックしていきましょう。

再来店を繰り返したくなる仕掛けを作れる

利用するものによっても異なりますが、店舗アプリにはさまざまな機能が備わっています。なかでも、「クーポンや最新情報の配信機能」は、顧客が思わず何度も来店したくなる仕掛けを作れます。特定の日だけ使える限定クーポンなどを配信することで、お店に足を運んでもらいやすくなるのです。

また、「ランクアップ機能」が搭載されているアプリは、顧客の「より多く購入したい」「また行きたい」という気持ちを効果的に引き出せます。その結果、再来店を促すことができるのです。ランクアップした顧客に対して特典を用意すれば、企業の印象アップも期待できるでしょう。

利用履歴をしっかり保持できる

アプリには「スタンプ機能」「ポイントカード機能」などが搭載されているものも多くあります。これらの機能を活用すれば、「顧客の利用履歴を保持できる」ことがメリットです。スタンプ機能では「いつ来店したのか」、ポイントカード機能では「どのような商品をいくらで購入したのか」という顧客ごとの情報を得られます。こうした情報をアプリでまとめて管理できることも魅力です。手間がかかりがちな情報管理が楽になります。

アプリで取得したデータをもとに次の企画を検討できる

アプリをインストールする際、顧客に会員登録をしてもらうケースも多くみられます。このとき、住所や年齢、性別などの属性情報を入力してもらえば、そのデータをもとに「次の企画を検討する」ことが可能です。得た顧客情報をもとに、どのようなクーポンを配信するか決めたり、次のイベントのアイデアを考えたりするのに役立てられます。

アプリは顧客ごとの特性や来店記録、購入情報といった次のマーケティングに生かせる情報を多く得られることがメリットでしょう。

おわりに

飲食店などで再来店を促進させるためには、トレンドを意識した施策を導入することが大切です。紹介したポイントをしっかりとビジネスに取り入れて、リピートしたくなるような店舗づくりを目指しましょう。また、施策成功のためには「顧客・店舗がWin-Winになること」「アイデアを実現できるアプリを活用する」ことが重要になります。

施策成功のカギは、顧客・店舗がWin-Winになること

ビジネスシーンでは、「Win-Winの関係」という言葉を耳にする機会も多いものです。Win-Winとは、ビジネスにおいて顧客と企業の両方が「利益を得る」関係を指します。Win-Winの関係になるためには、お互いが損をしないと感じられるようにする必要があります。そのためにも、企業は顧客に価値のある商品やサービスを提供し、満足度を高めることが大切です。

店舗アプリはこうした施策を成功させるために役立つ機能が豊富です。アプリで得た顧客情報をもとにマーケティングを考えることで、再来店したくなるような店舗づくりを行えるのがメリットといえるでしょう。アプリ開発をする際は、自社の希望に合うアプリを作れる「ASPサービス」を利用することがおすすめです。

これらのアイデアを実現したい方は、当社までご相談ください。

店舗アプリを導入するのであれば、NTTコム オンラインに相談することがおすすめです。集客ノウハウを詰め込んだ「モバイルウェブ」というASPサービスを提供しています。スタンプカードや顧客に合わせたコンテンツ配信など、再来店促進に効果的な機能が豊富です。

さらに、アプリのシステム運用保守にも対応しているため、トラブルが起きたときでも安心です。契約者向けのヘルプデスクもあり、何か不安や困ったことがあったときでも速やかに相談できます。再来店促進のアイデアを実現するための、十分なフォロー体制が整っていることが強    みです。

アイデア実現のためのツールを探している場合は、NTTコム オンラインに相談してみてはいかがでしょうか。

販促担当者必見!アプリ利用者の声
小売店 業種別 公式スマホアプリ調査2019 秋

スマホアプリを日常的に利用する人を対象に、店舗向け公式アプリに関する意識調査を実施しました。
本レポートは2019年に実施した調査結果についての分析レポートです。是非ご覧ください。

モバイルウェブ 
スマホアプリの特徴