企業のマスターデータ管理(MDM)のすべてを単一製品でカバー
データの集配信、データ品質、データモデルを実現する総合MDMソリューション

TIBCO EBX™ softwareとは

TIBCO EBX™ Software はマスターデータ管理(Master Data Management = MDM)に必要なデータガバナンス、データマネジメント、名寄せなどの機能をオールインワンで実現するモデル駆動型ソリューションです。

TIBC EBX Software™(旧Orchestra Networks)はガートナー社の発行するマジック・クアドラントのMDM分野において継続的に「リーダー」に位置しています。製品の誕生時から、モデル駆動型でマルチドメインのデータドリブン型MDMであり、データスチュワード、データガバナンス、データ品質管理、そしてデータ集配信機能を持つオールインワン型のMDMとして世界のお客様に活用いただいています。

2021 Gartner Magic Quadrant for Master Data Management Solutions の詳細はこちら(英語)

TIBCO EBX™ Softwareを導入することは、さまざまな部門やシステムに分散したデータの全社活用へのカギとなります。

組織のDXにおける課題:
データの「量」よりも「種類」の増加

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支えるには、強靭なITが必要です。基幹系システムにおいては、より高速でリアルタイムなレスポンス、よりミッションクリティカルな業務に耐える可用性が必要とされます。アナリティクスや顧客体験向上など、いわゆるSoE(システム・オブ・エンゲージメント)領域への拡張にも対応する必要があります。いかに全社のデータを活用するかが、組織のDXの成否を握るのです。

現代のITの特徴は単なるデータ量ではなく、むしろ絶えずデータが増大する点にあります。まず、ビッグデータの大量(Volume)データの処理が高速化しました。つぎに処理したデータをBIで可視化し、AIで分析する技術も発達しました。

今日の大きな課題は、ビッグデータの多種 (Variety)データです。多種多様なデータは、数多あるサーバやクラウドなど至るところに分散しており、さらに新しいシステムやサービスが次々とで誕生しています。 このようなデータの場所や種類の増加に対処することが、これからのデータ活用の課題といえます。

ますます複雑化するデータを迅速に連携・活用することができる企業と、大量のデータを単に保管しているだけの企業との差は、今後さらに開いていきます。業務ユーザーがExcelや自動化などの単機能ツールで人力対応できる時代にはもう戻れません。

マスターデータ管理(MDM)とは

マスターデータ管理(Master Data Management = MDM)とは、企業の中のさまざまな業務やシステムで共有される「マスターデータ」に着目し、マスターデータを中心に情報の信頼性と流通性を高める業務および改革を意味します。「MDMシステム」は間違いなく重要ですが、さらに重要なのは「MDMという業務」のプロセスと体制を構築することです。そうした業務や体制をガバナンスと言い、ガバナンスによって品質向上したマスターデータは「トラステッド」となります。トラステッドなマスターデータは、誤ったデータによる誤った分析やインサイト、誤った判断のリスクを低減します。新たに始めるデータ統合やデータ分析の際、よりよい意思決定や素早い施策立案が可能となります。

マスターデータ管理(MDM)の詳細情報はこちら

データとは、現実をITに投影したものです。現実世界の出来事における5W1HをITに投影したものがマスターデータです。たとえば製品や商品はwhatであり、顧客やサプライヤーはwhoです。
「データの長さや型や名前が違っても、現実には同一人物」を見つけ出し、整理して管理するのがMDM(マスターデータ管理)です。MDMによって、システムを越えてデータを集計、分析、検索することが可能となります。

TIBCO EBX™ Softwareが取り扱うマスターデータ

  • マスターデータ : システムが「誰」「何」「どこ」「いつ」等を表現する語彙となる基本データ
  • リファレンスデータ : 国や通貨など、特に追加や変更の少ないマスターデータ
  • 階層構造 : 製品や顧客などの分類情報。カテゴリやタグ付けなどの分類マスターデータ
  • ビジネスグロッサリー : ビジネス用語や概念。業務のための人間用マスターデータ
  • メタデータ : データの型や有場所や背景の情報(コンテキスト)。データを定義するためのマスターデータ

機能

オールインワン型
MDMソリューション

TIBCO EBX™ Softwareにはワークフロー、データ品質管理、権限によるアクセス管理など、MDMに必要なすべてが揃っています。多数のツールを組み合わせて初めてMDMを実現する一般的な方式とは異なるユニークな製品です。
さらに、TIBCO EBX™ softwareは、単独でデータ連携(インテグレーション)およびデータ品質管理 (データクオリティ)を実行できます。

すべてのマスターデータをすべてのユーザーへ

TIBCO EBX™ Softwareはシステム専門家やデータベースエキスパートのためのソリューションではありません。誰でもユーザーになれること、チームワークでマスター管理業務を遂行できることが重要です。
EBXはセルフサービス型であり、ITの専門家でなくてもマスターデータを管理し、あるいはデータ活用のために使うことが可能です。

ネイティブなマルチドメインMDM

「○○マスター」の「○○」をドメインと呼びます。顧客マスターの「顧客」や製品マスターの「製品」などがドメインです。顧客や製品はそれぞれに重要なドメインではありますが、実業務では「顧客別の製品群」といった、複数ドメインに関連したマスターデータは当たり前に存在します。TIBCO EBX™ Softwareでは複数ドメインを含む、貴社のあるがままのデータモデルを定義することができます。そして多様な業務をカバーする多様なシステム間でマスターデータの同期を行うことが可能です。(SAP, BCP, TM1, OneStream等)さらに「データのマスターデータ」としてメタデータ管理、データカタログを構築されるお客様もおられます。

柔軟かつ迅速

商品や顧客といった特定マスター (ドメイン)に特化したMDMソリューションは、ドメインそのものが壁となり、カスタマイズ難易度が上がってしまう事があります。TIBCO EBX™ Softwareはモデルドリブンであり、柔軟かつ迅速な組合せや変化対応が可能です。オンザフライで、モデルを変更すれば変更したモデルの通りに稼働します。構築フェーズ1、フェーズ2…と果てしなく続く長期ロードマップは不要です。

データドリブン経営にむけて

オペレーション、アナリティクス、そしてガバナンスまですべての業務にマスターデータは存在します。マスターデータの強化はすべての業務の改善に貢献します。それぞれのマスターデータ管理をそれぞれのシステムで行う代わりに、すべてをTIBCO EBX™ Softwareで一元管理しガバナンスを確立することが可能です。

特長

柔軟なデータモデル

柔軟なデータモデル

TIBCO EBX™ Softwareは簡単に設定、利用することができます。色々な局面への応用も容易です。柔軟なデータモデル機能によって、いかなるドメインのマスターデータも、単純な項目から複雑なリレーションまで自在に定義することができます。

ワークフローによる協業

ワークフローによる協業

複数の担当者がかかわるデータ管理業務を実現できます。EBX™ によるアップデート、変更依頼の受付や実行、承認に至るフローをあるがままに定義できます。データ変更の証跡管理(トレーサビリティ)にも必須の機能です。

階層型カテゴリ管理

階層型カテゴリ管理

TIBCO EBX™ Softwareは一つのマスターに対して、複数のカテゴリ分類軸を定義できます。また分類軸それぞれ独自の分類階層(大分類や小分類)が設定できます。この階層型カテゴリ管理により、複雑なリレーションをシンプルに管理することができます。たとえば一つの製品に、営業観点、製造観点、経理観点など全く異なるカテゴリを同時に適用し、それぞれの部門が自分だけの分類を使うことが可能です。

版数管理 (バージョン管理)

版数管理
(バージョン管理)

変更日時などのログ記録だけでなく、過去、現在そして未来の版数のデータを管理することができます。

オンプレミスでもクラウドでも

オンプレミスでもクラウドでも

TIBCO EBX™ Softwareはオンプレミスでもクラウドでも稼働するマルチプラットフォームです。さまざまな種類のインターフェースやアプリケーションサーバ、データベースなどのインフラ上で稼働します。

事例

パネラブレッド
COVID-19下での素早い事業転換と収益向上&コスト削減を実現
詳しく見る
Netspend
データを一元統合し業務効率化とサービス向上を実現
詳しく見る

資料ダウンロード

TIBCO EBX (datasheet)

TIBCO EBX(datasheet)

製品、顧客、従業員、サプライヤー、勘定コード、ロケーションなどのマスターデータ ( およびリファレンスデータ) は、どんな業務でも使われています。組織全体におけるマスターデータの正確性と一貫性こそが、業務プロセスの整流化やレポート品質の決め手となります。デジタル時代とは、多様なチャネルやデータソースから変化し続けるデータが集まってくる時代です。デジタル時代で成功するには、次世代のデータ管理ソリューションが不可欠です。
TIBCO EBX はマスターデータ管理(MDM)のリーダー製品、そしてデータ資産管理のパイオニアであり、単一製品で全ての共有データ資産を管理、統制、利用できる革新的なソリューションです。