TIBCO データ仮想化ソリューション

TIBCOのデータ仮想化ソリューション「TIBCO Data virtualization」は日々変化するビジネス要求に応じるため、散在するあらゆるデータを複製することなく仮想的に統合し、ビジネスで活用できるデータに変換して提供するデータ統合ソリューションです。
従来のETL等を利用したデータマート作成に比べ、データ提供作業や修正が大幅に簡略化されるため、日々変化するデータ分析要望や、データの追加などにアジャイルな対応が可能です。一元化されたアクセスコントロールで、ガバナンスとセキュリティも担保します。

TIBCOは、データ仮想化、データ統合の領域で、ガートナー社やフォレスター・リサーチ社のアナリストレポートでリーダー認定を受け、グローバルトップ企業に採用されています。

「データ仮想化」の詳細はこちら

的確なビジネス判断をもたらすデータ仮想化基盤

高度なデータ管理

TIBCO® Data Virtualizationは、企業内に散在しているデータを仮想的に集約し、ひとつの論理レイヤーとして提供します。論理レイヤーを通し、常に元データにアクセスすることで、ユーザーは一貫性の担保されたデータにリアルタイムでアクセスし、利用することができます。また複数のシステムにまたがるデータをガバナンスに則りセキュアに管理することが可能です。

最新データへのアクセスが生む
的確なビジネス判断

常に最新のデータにアクセスできるため、データが語るビジネスの変化をリアルタイムに捉え、的確な判断を行うことができます。仮想的に構築されたデータは、わかりやすいビジネス・ディレクトリにまとめられるため、ユーザーはビジネスに必要な情報を簡単に検索して取得することができます。そのため、従来かかっていたデータを探す時間が大幅に削減され、データ分析に時間を集中させることができます。

スピーディで柔軟なデータ統合

データ統合にかかる時間が、従来のデータウェアハウスやETL(Extract/Transform/Load)を利用する場合よりも5~10倍短縮できます。データウェアハウスへのデータの複製、データマートの作成といったプロセスを省略できるため、新しいデータの反映を何週間も何ヶ月も待つ必要はありません。TIBCO® Data Virtualizationは、データの変化を常にリアルタイムで反映し続けるため、ビジネスニーズの変化に対して適切に対応することができます。

大幅なコスト削減

TIBCO® Data Virtualizationは、通信、エネルギー、金融、医療、製造業など、さまざまな業種の企業で採用されています。従来のように用途別にいくつもデータマートを作成する必要がないため、導入した企業は最大75%のコスト削減を実現しています。データを複製して二重管理する必要はもうありません。

TIBCO® Data Virtualizationの主な機能

柔軟なデータの統合

柔軟なデータの統合

コネクターにより、RDBMS、ファイル、クラウドサービス、データレイク等の異なるデータソースを、複製することなく、仮想的に統合します。データを動的に高性能なシステムで処理することにより内部処理の最適化を図ります。また、キャッシュ機能を使うことで、高速かつ柔軟なデータ取得が可能となります。

集中型メタデータ管理

集中型メタデータ管理

シンプルなデータプロファイリングにとどまらず、重要なエンティティを見つけ、データソース間の隠れた関係を明らかにします。エンティティ間のリレーションとデータモデルを迅速に構築・表示することで、新たなビジネス要求に応えることができます。

高度なクエリエンジン

高度なクエリエンジン

TIBCO® Data Virtualizationは、オンデマンドでデータにアクセス、照会、統合、抽象化、および配信が可能なクエリエンジンを備えており、垂直方向と水平方向に分割されたデータを結合します。また、大規模並列処理により自動的に作業を複数のコアに分散させるため、ビッグデータの処理にも対応できます。

スタジオ・デザインツール

スタジオ・デザインツール

グラフィカルなモデリング環境は、開発者にデータのモデル化、データサービスの設計、変換機能の作成、クエリの最適化、リソース管理など、さまざまな操作を柔軟に行えるワークスペースを提供します。

ビジネス・ディレクトリ

ビジネス・ディレクトリ

ビジネスデータをカタログ化したビジネス・ディレクトリにより、収集したデータを簡単に検索、分類、使用することが可能です。ディレクトリによりデータサービスの共有と再利用を促進し、ITワークロードを削減しながらビジネスの成果を加速します。

ガバナンスとセキュリティ

ガバナンスとセキュリティ

ビルトインされたガバナンス・セキュリティ機能では、可視性やトレーサビリティ、系統、制御、認証、認可、暗号化が提供されており、認可されたデータだけがセキュアに配信されます。また、データの単一アクセスポイントに対してはさらなる保護を提供します。

事例

クロエッタ
予測精度が向上し、キャンペーンや事業判断等を最適化
詳しく見る
エレクショップ
GDPR対応、簡単で安全なデータアクセスの提供を実現
詳しく見る
セーブ・ザ・チルドレン
一元的なデータ接続により生産性向上とコスト削減を実現
詳しく見る

資料ダウンロード

データ仮想化を業務に活用する13のユースケース

データ仮想化を業務に活用する13のユースケース

リサーチ&アドバイザリ企業であるGartner, Inc.とForresterは、データ仮想化の導入および導入範囲の拡大が共に進んでいくことを予測しています。その背景として、企業が複数の情報システムに分散していたデータを利活用していこうとする動きが活発化していることがあげられます。本資料ではデータ仮想化を業務に活用する13のユースケースについて解説します。

データ仮想化により、データサイエンスとアナリティクスを急加速する12の方法

データ仮想化により、データサイエンスとアナリティクスを急加速する12の方法

データサイエンスとアナリティクスは、取り扱うデータは爆発的に増大/分散/多様化することで、これまで以上にデータを分析・活用することが難しくなっています。本資料ではデータサイエンスと分析データの要件について概説し、データ仮想化がこれらの課題をどのように克服するのか、事例を交えながら解説します。

製造業における「データ仮想化」の効果と6つの事例

製造業における「データ仮想化」の効果と6つの事例

世界中のあらゆるメーカーがデータの重要性を理解しています。一方で適切なデータを適切なタイミングで適切なユーザーに届けることは今日のメーカーにとって最も大きな課題の一つとなっています。1980年代にジャストインタイム方式が製造業のオペレーションにイノベーションをもたらしたように、データ仮想化は製造業が抱えるデータに関する課題を克服する方法においてイノベーションをもたらします。
本資料ではデータ仮想化は製造業におけるデータ仮想化の効果と6つの事例について解説します。

データ仮想化について知っておくべき10のこと

データ仮想化について知っておくべき10のこと

データ仮想化は、企業の分析データのボトルネックを軽減し、より多くのインサイトとより優れたビジネス成果を獲得するために使用されるミドルウェアです。機能的に説明すると、データ仮想化は仮想データセットとデータサービスの構築/実行/管理を行います。本資料ではデータ仮想化の導入を検討している方やデータ仮想化に関心のある方向けにデータ仮想化を開始する際に知っておくべき10の事項をまとめています。

ツール申込みツール申込み

閉じる閉じる