組織全体でのデータ分析・活用のための
オールインワンプラットフォーム

TIBCO Spotfire®は、データの前処理・統計解析から可視化/共有までをワンストップでカバーし、高度なデータサイエンティストから、ビジネスの現場まで、組織全体でのデータ活用を実現する唯一のプラットフォームです。
あらゆる種類のデータに接続し、AIによるデータの前処理支援と、適切なビジュアライゼーションのレコメンドにより、全てのデータを瞬時に可視化・俯瞰できます。また、ビジュアル分析、統計解析、機械学習を用いた予測分析、ロケーション分析、ストリーミング分析など様々な分析を使いやすいUIで実施でき、データサイエンティストの分析業務を大幅に効率化します。
更に、データサイエンティストの分析の成果のダッシュボード化とビジネスの現場への共有、現場での更なる深掘り分析の実現により、ビジネスの現場の担当者によるタイムリーな意思決定を支援します。

機能

データラングリング(前処理)

データラングリング(前処理)

TIBCO Spotfire®は、様々なデータソースに接続。分析に必要なデータを収集・処理する際、AIが「外れ値」「不整合」「欠損」を特定。これらを速やかに統合もしくはクレンジングすることで、分析に適した形式に変換します。前処理作業したプロセスがデータキャンバスに自動的に記録、可視化されるため、前処理の確認、データの編集、再利用、共有を容易に行うことができます。

「前処理」の詳細はこちら
強力なビジュアル分析

強力なビジュアル分析

TIBCO Spotfire®の特徴である強力なアナリティクス機能はもちろんのこと、ビジュアル分析機能によりシンプルかつ直感的な操作でデータの探索が行えるため、スピーディにデータからインサイトを抽出できます。

「ビジュアル分析」の詳細はこちら
予測分析を容易に実装

予測分析を容易に実装

TIBCO Spotfire®は、標準で相関分析、回帰分析、クラスター分析等を備えており、これらの分析をビジュアルなUIから専門的な知識なしに実行できます。アドオン製品「Spotfire Statistics Services」を追加すると、独自開発の超高速R言語エンジン「TIBCO® Enterprise Runtime for R(TERR)」、Python、SAS、Matlabなどの豊富な分析とビジュアライゼーションを使用した高度なデータ整形、予測分析を使用することも可能です。

「予測分析」の詳細はこちら
ロケーションデータ分析

ロケーション分析

地理空間に位置データをマッピングすることが可能です。地図上のデータを可視化することで、テーブルやチャートだけでは得られなかったインサイトが発見できます。また、地図上に複数レイヤーを交えた分析により、自社と競合他社の売上をレイヤーで比較しながら分析することも可能です。また、組み込み型のRエンジンと「TIBCO® GeoAnalytics」を用いて、より深い地理的データ分析を実行することも可能です。

「ロケーション分析」の詳細はこちら
リアルタイムのストリーミング分析

リアルタイムのストリーミング分析

「Spotfire® Data Streams」は、リアルタイム分析のために継続的に新しいデータをSpotfireにプッシュします。リアルタイムIoT(MQTT、OSI PI)やソーシャルメディア、メッセージング(TIBCO、JMS、Kafka)のソースで、インタラクティブなダッシュボードを静的なデータのように簡単に作成。頻繁に変化するリアルタイムのデータと過去のデータを比較して得られるインサイトは今までにない迅速な意思決定をもたらします。

「リアルタイム分析」の詳細はこちら

特長

オールインワン

オールインワン

データソースへの接続、前処理、分析、可視化、共有等、データサイエンティストによる分析を支援する機能と、分析を通じて得られた成果を組織全体で活用にするために必要な機能をオールインワンで提供しています。

幅広いニーズに対応

幅広いニーズに対応

データサイエンティストによる統計解析やPython、R等による機械学習等の高度な分析はもちろん、標準機能として相関分析、回帰分析、クラスター分析等を備えており、これらの分析をプログラムを書くことなく用意に実施することができます。

データ前処理をAIで効率化

データ前処理をAIで効率化

データ取り込み時にAIが「外れ値」「不整合」「欠損」等を特定し対処を提案。一度実施した前処理を自動で記録しデータキャンパスで可視化、再利用化することにより、前処理の労力を劇的に削減します。

AIによるインサイトの発見

AIによるインサイトの発見

AIエンジンがデータ内の関係性を分析し、最適なグラフやチャートを推奨することで、素早くインサイトを発見。あらゆるデータからトレンドや異常、パターンを発見することができます。

組織全体でのデータ分析と活用

組織全体でのデータ分析と活用

データ取得、前処理、各種分析などのデータサイエンティストのニーズに対応。さらにその成果をダッシュボード化して共有することで、現場のビジネスユーザーはビジュアルなUIを通じた深掘りと、タイムリーな意思決定を行うことができます。

国内事例

国際石油開発帝石
株式会社
(INPEX)
詳しく見る
NTTアドバンステクノロジ株式会社(NTT-AT)
詳しく見る
株式会社チェンジ(CHANGE)
詳しく見る
三井石油開発株式会社(MOECO)
詳しく見る

海外事例

ヤクルト
(オランダ)
小売業者とのより強固なパートナーシップ、生産性向上
詳しく見る
ジェットブルー
オペレーションの最適化により、顧客体験価値を最大化
詳しく見る
テュイグループ
分析により最適な価格設定と高度な顧客体験の提供を実現
詳しく見る
AAアイルランド
リアルタイムの予測分析とデータに基づいた意思決定
詳しく見る

デモ動画

TIBCO Spotfire®活用デモ~半導体製造における歩留り解析~

TIBCO Spotfire®活用デモ
~半導体製造における歩留り解析~

国内外の製造業(半導体業界)が、TIBCO Spotfireをどのように活用して「歩留り改善の分析」を行っているのか、デモを交えて製造現場のデータ解析についてご説明いたします。

TIBCO Spotfire 活用ノウハウ

Spotfireナレッジベース

TIBCO Spotfireの基本的な使い方から実践的な分析手法まで、幅広い情報を提供します。

資料ダウンロード

TIBCO Spotfire®における機械学習を活用した製造分野の高度な根本原因分析(Root cause analysis)

TIBCO Spotfire®における機械学習を活用した製造分野の高度な根本原因分析(Root cause analysis)

近年の機械学習技術では、複数のデータセットで各々学習を行い、ベストなモデルを自動的に構築するアルゴリズムが利用されるようになっています。これにより、統計学やモデリングの専門知識がほとんどないアナリストが、複雑な問題を解決できるようになってきています。
勾配ブースティングアルゴリズムは、単一の決定木を繰り返し強化するアンサンブルモデリング手法です。こちらのモデルは幅広い活用方法がありますが、ここでは製造分野における根本原因分析にフォーカスします。