アクションを加速させるストリーミング分析

通信、製造、金融サービスなどで利用されるエンタープライズ対応のストリームデータ処理基盤

TIBCO® Streamingとは

TIBCO® Streamingは、IoTなどから絶え間なく流れてくる大量のストリームデータを、予め設定された分析シナリオに基づき、高速処理し続けることで、リアルタイムに状態変化(イベント)を検出します。イベントが検出された場合、その内容に応じて指定されたアクションを自動的に実行することが可能です。また、機械学習モデルを処理シナリオに組み込むことができるため、予測モデルが検知した将来起こりうるイベントに対して予防的なアクションを取ることができます。

ストリーム処理により、ユーザーは日々のビジネスで次々に発生するイベントに対して、常に適切なアクションがとれるため、無駄のない組織運営、顧客満足度の向上、または潜在的なリスクを事前に回避する措置を自動かつ継続的に講じることができます。

機能

適切なタイミングで効果を最大化

TIBCO® Streamingは、データの鮮度を保ちながら有用なイベントを検出し、検出後に最適なタイミングで効果的なアクションを実行するルールを設定できます。単に数多くのインサイトを発見するだけではなく、競争優位性を生み出すアクションを適切なタイミングで実行することで、ビジネスに最大の効果をもたらします。

リアルタイム・アプリケーションを低コストで構築

リアルタイム・アプリケーションを低コストで構築

これまで、大量のストリームデータをリアルタイムに処理するには、多くのコストが必要でした。TIBCO® Streamingの導入により、開発サイクルの短縮、プログラミングコストの大幅な削減、継続的インテグレーション/デプロイ、ハードウェア/運用コストの削減が実現できます。

リアルタイムの行動を支援

リアルタイムの行動を支援

TIBCO® Streamingは、ストリームデータに対してクエリ処理した結果をグラフとしてリアルタイムに可視化し、発生したアラートをビジュアライズすることができます。リスクやビジネスチャンスの顕在化を即座に捉えることができるため、ユーザーは重要なデータに対して行動を起こすチャンスをつかむことができます。

直感的な操作性

TIBCO® Streamingは、ユーザーがアドホック・クエリの作成と保存、ビジネスロジックの制御と設定、ルールとモデルの定義、チャートの構成、パネルのレイアウト変更、アラートの作成と管理、ストリームデータに対するビューの集約を行うことができるコントロールセンターを提供します。直感的な操作性で正確かつ迅速にデータを探索できます。

IoTデータを活用

IoTデータを活用

TIBCO® Streamingは、相互に関連した連続イベントや緊急性の高いビジネスイベントを検出し、複雑なイベントストリーム※に対して、リアルタイムにアクションできるテクノロジーを提供します。重要なトレンドの変化に追随していくことで、目の前にあるIoTの可能性と変化するビジネスニーズを見逃すことはありません。

※イベントストリームは、時間順に並べられた一連のイベントです。イベントとは、状態の変化またはビジネス内で行われたアクションによってトリガーされるデータポイントです。

特長

ビジュアル開発環境

ビジュアル開発環境

TIBCO® Streamingは、強力なEclipseベースの統合開発環境とリアルタイムイベントに特化したStreaming EventFlow graphical languageを提供します。これにより、デベロッパーはアプリケーション開発や既存ワークフローの機能改善を短時間で実現することができます。

多様な接続性

多様な接続性

Kafka、JMS、MQTT、RabbitMQ、IBM MQ、OsiPI、WITSMLなど150以上のデータアダプターとグラフ出力コネクタが準備されています。また、JDBC接続によりPostgreSQL、MySQLなどの標準的なRDBも入力データ源として使用できるため、特別なカスタムアダプタ開発を行うことなく、多様なデータソースを利用することができます。

圧倒的な低レイテンシー

圧倒的な低レイテンシー

超高速データ処理エンジンにより、秒間数百万件の入力データを遅滞なく分析することができます。大量のストリームデータに対して判断スピードが最重要視されるケースでも、処理遅延を最小限に抑え、安定したイベント検出と最短でのアクションを起こすことが可能です。

エンタープライズ対応

エンタープライズ対応

TIBCO® Streamingのアーキテクチャは、オンプレミスのみならず、最新のクラウド環境のためのコンテナ化にも対応しています。また、ミッションクリティカルな環境を支える高可用なクラスタ構成を柔軟なデプロイメントにより簡単に実装できます。

高速連続クエリ

高速連続クエリ

搭載されている高速CQエンジン(Continuous Query Engine)は、数千ものクライアント接続を管理しながら、クエリ結果を即座に返すことができます。多数のアドホッククエリにも対処できるため、刻一刻と変化する状況をクエリ結果として取得したり、リアルタイムで外部にプッシュすることができます。

アラートと通知

アラートと通知

TIBCO® Streamingは、ユーザー自身がアラートや通知の設定をカスタマイズすることができます。アラート検知の閾値、パラメータセットの変更、もしくはアラートルールの変更を簡単な操作で再設定できます。チャンスやリスクイベント発生の検出レベルを常に最適に保つことが可能です。