データサイエンスをビジネス現場のアクションにつなげる仕組みとは ~ビジネス現場で分析を「自走化」できる分析基盤TIBCO Spotfire®の実践 ~

企業がデータドリブン組織への変革を実現するためには、ビジネス現場のスキル・経験をもつ人材自らがデータ分析・データサイエンスを活用し、ビジネスの意思決定やアクションを実践する仕組みが重要です。

本セミナーでは、現場がデータサイエンスを自走できる仕組みについて、大手製造業様の「製品の歩留まり向上を目的とした不良要因分析」の実践的な事例を交えながら、米国TIBCO Software社の分析ツール「TIBCO Spotfire®」のデモを通じて詳しく説明します。

※2022年3月31日に開催したデータサイエンティスト・ジャパン2022のイベント講演と同じ内容です。

タイトル データサイエンスをビジネス現場のアクションにつなげる仕組みとは
~ビジネス現場で分析を「自走化」できる分析基盤TIBCO Spotfire®の実践 ~
日程 2022年6月1日(水)13:00~14:00
開催形式 オンラインセミナーでの開催
・インターネット環境があれば、パソコンやスマートフォンなどから参加可能です
・開催前日までに、お申し込みいただいたメールアドレスへ視聴方法をご案内いたします
オンライン動画セミナーの受講について
参加費用 無料(事前登録制)
主催 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
お問合せ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
セミナー運営事務局
Email:info@nttcoms.com
準備 当日ご準備いただくもの
・オンラインセミナーを受講するPC
・インターネット接続のための環境
備考 主催社と同業他社の方のお申し込みは、お断りする場合がございます。
個人のご参加はお断りさせていただいております。
13:00 ~ 14:00

データサイエンスをビジネス現場のアクションにつなげる仕組みとは
~ビジネス現場で分析を「自走化」できる分析基盤TIBCO Spotfire®の実践 ~

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
データサイエンティスト
石田 佳之

大学院で統計を学んだ後、NTTコミュニケーションズに入社。ソーシャルメディアを用いた大手旅行会社や通信会社の評判分析や、訪日外国人の動向分析に従事後、大規模データ分散処理基盤の構築・開発、機械学習プロジェクトにリーダーとして参画。
現在は、TIBCO社のアナリティクス製品の活用支援に加え、統計解析や機械学習を活用した分析案件を主導。