2019/10/25

【小売店 業種別 公式スマホアプリ調査2018 秋】

利用者がお店の公式スマホアプリを使いたくなるような機能とは

こんにちは。モバイルウェブマーケティング担当です。
前回は「プッシュ通知の許諾率とその理由とは」をご紹介し、各小売店がリリースしている公式スマホアプリの利用者がプッシュ通知設定をどのようにおこなっているのか分析しました。

今回が2018年に行った「小売店 業種別 公式スマホアプリ調査2018 秋」の最終調査レポートとなります。
最後のテーマは「公式スマホアプリ利用者がアプリを使いたくなるような機能とは」についてご紹介します。
日頃からスマホアプリを積極的に利用している利用者から頂いたコメントをワードクラウドと呼ばれる分析手法で分析いたしました。

回答者から頂いたコメントの中から出現頻度が高い単語を複数選び出し、その頻度に応じて大きさだけでなく色や向きに変化をつけて図示しました。

それでは、分析結果をご紹介します。

スマホアプリ利用者が望む機能とは

  • 「クーポン」、「ポイント」という単語が最も多くコメントに含まれていた
  • 全体
  • 全体

調査の結果、「クーポン」「ポイント」を望む声が最も多いことが判りました。
そのほかにも、「得」「貯まる」「割引」といった単語も多く見受けられ、
「ポイントが貯まる機能」や「クーポン割引が受けられる機能」といった利用者にとってお得なサービスが
スマホアプリに搭載されていることをアプリ利用者は望んでいるようです。

具体的にいくつかコメントをご紹介します。

回答者のコメント

  • その店舗に行くだけでポイントがたまるような機能が欲しいです。(10代・男性)
  • クーポンやポイント倍キャンペーンなど充実してること(20代・女性)
  • 来店回数で無料クーポンがもらえる(30代・女性)
  • アプリを開くとポイントが貯まる(60代・男性)

次に性別毎に回答を分析しました。

  • 男性
  • 女性
  • 男性
  • 女性

性別毎に分析を行いましたが、特に大きな違いはありませんでした。
しかし男性の場合は、「機能」「来店」「貯まる」「情報」というワードが頻出しており、特に「機能」という単語からスマホアプリの機能や仕組みに興味があることがうかがえます。

次に、年代別に回答を分析しました。

10代

他の年代の分析結果と比べて「ゲーム」という単語が含まれていることが特徴的でした。
10代向けのスマホアプリには簡単なゲーム機能があると継続利用してもらえるかもしれません。
どのようなゲームを要望しているのか、具体的なコメントをいくつかご紹介します。

10代の回答者コメント

  • 開くたびにポイントがたまって一定以上になるとさらにお得なクーポン等がもらえる
  • ダウンロードするとポイントが貯まる。 ゲームでポイントが貯まる。
  • ログインボーナスのような機能(アプリを開くとスタンプが貯まり、クーポン等ゲットできる)
  • 使えば使うほどお得なクーポンが配信される
  • 20代
  • 30代

他の年代の分析結果と比べて「ポイント」よりも「クーポン」という単語がやや多い結果でした。
20代・30代をターゲットとした施策であれば、すぐに割引特典が受けられる「クーポン」のほうが魅力的なようです。

20、30代の回答者コメント

  • 店舗を訪れるごとにスタンプを取得し、一定数(20個など)貯まると無料クーポンをもらえる
  • アプリ限定のポイント等アプリを使うと得するような機能がほしいです。
  • 誕生日や記念日の特別クーポンの配信
  • お得なクーポンが充実していれば利用したくなる
40代

20代・30代とは対照的に、「クーポン」よりも「ポイント」という単語がやや多い結果でした。また、10代と同様に「ゲーム」という単語も見られました。
クーポンはすぐに割引が受けられる特徴がある一方で、ポイントは何度か店舗を利用し一定のポイントを貯めなければ
割引特典を受けることができません。
40代をターゲットとした施策であれば、「クーポン」よりも「ポイント」が獲得できるスマホアプリがおすすめです。
さらにゲームと絡めた「ポイント」付与機能があると、娯楽性があり継続的に楽しめるスマホアプリとなり利用促進に効果的かもしれません。

40代の回答者コメント

  • GPSなどで近くのお店でお得なセールやクーポン配信などがあればその場で知らせてくれる機能
  • ゲームやくじでクーポンやポイントが当たる。
  • くじ引きなどでクーポンやポイントがもらえる
  • 見るだけでポイントが貯まる機能
  • 50代
  • 60代

50代・60代のコメントは、全体の結果と同様に「クーポン」「ポイント」に特徴が見受けられました。

50、60代の回答者コメント

  • ログインでポイント貯めて割引クーポンや無料券の発行
  • アプリ特典の明確化
  • 何かをするとポイントが貯まるなど商品購入以外でポイントが貯まるなど。
  • 特別なクーポンの抽選などの特典

小売店向け公式スマホアプリの利用状況調査全体を通して

これまで10回にわたり、小売店向け公式スマホアプリを日常的に利用するユーザーの声を分析し、調査レポートにまとめてきました。
集客を目的としたスマホアプリを開発する際のポイントは、今回の調査でも明らかになったように「クーポン」や「ポイント」といった利用者にとってお得な機能をベースにターゲット層に合わせたサービスを企画し実装することです。
また今回の調査結果から、購入をしなくても簡単にポイントを獲得できるアプリ、お客様個別特典のクーポンが配布されているアプリを望む声が多いこともわかりました。
さらにクーポンやプッシュ通知の内容についても、利用者一人一人にとって関心のないものばかりでは満足度の高いスマホアプリにならないことも分かりました。
購買履歴や来店頻度に合わせたコンテンツ配信ができるスマホアプリを開発することは利用促進を行う上で必要な要素かもしれません。

ぜひ利用者に選ばれる公式スマホアプリとなるために、開発の際には本調査レポート(全10回)の結果を参考にしていただければと思います。

繰り返しになりますが、2018年の調査レポートは今回が最後です。
次回は2019年秋に実施した調査レポートを公開予定ですので、ぜひ楽しみにお待ちください。

このレポートには他にもこんな設問が記載されています。

  • 公式スマホアプリの利用頻度
  • 公式スマホアプリをインストールしたきっかけ
  • ほとんど使っていないスマホアプリの理由とは
  • 公式スマホアプリを利用している目的とは
  • 公式スマホアプリによる消費行動の変化とは
  • プッシュ通知の確認頻度

本調査実施概要

  • 調査テーマ:スマートフォンのアプリに関するアンケート
  • 調査対象:10代から70代の男女1058名
  • 調査実施期間:2018/09/05 ~ 2018/09/06
  • 総回答数:1058サンプル
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査機関:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション

集計結果としてまとめたレポートをご希望の方は下記リンクよりお問い合わせください。
お問合せ受付後に弊社担当者よりご連絡差し上げます。
なお、お問合せ内容により、レポートの提供をお断りさせて頂く場合がございます。
予めご了承ください。