2020/12/16

ビジュアルIVR

実例紹介!1057人の顧客が選ぶ分かりやすいビジュアルIVRのUIとは

今回は、ビジュアルIVR画面のUIについてご紹介します。ビジュアルIVR画面は、顧客にとって分かりやすいものである必要があります。沢山のメニューをビジュアルIVRのTOP画面に並べることは、顧客にとって分かりやすい画面といえるのでしょうか。4つの例を交えて実際に分かりやすい画面をご紹介します。

このレポートは、日常生活において、コールセンターに電話をすることがある20代以上の男女1057名の回答をまとめています。

このレポートはこんな方におすすめです。

  • コールセンター部門の企業担当者の方
  • ビジュアルIVRの導入を検討している方
  • ビジュアルIVRをすでに導入している方

よくあるビジュアルIVRの4画面をご紹介

ビジュアルIVR画面は、企業によって様々な構成で作られています。
よくある4つのイメージをご紹介します。

A:具体的な選択肢が並んでいるメニュー
B:問合せ手段が並んでいるメニュー
C:Webでのお手続きを強調したメニュー
D:目的に対してあてはまりそうな選択肢が複数あるメニュー

A:具体的な選択肢が並んでいるメニュー
自動音声ガイダンスで流しているメニューを可視化した画面です。

具体的な選択肢が並んでいるメニュー

B:問合せ手段が並んでいるメニュー
複数の問合せ手段を持っている企業に多いのは、このような画面です。

問合せ手段が並んでいるメニュー

C:Webでのお手続きを強調したメニュー
Webでのお手続きボタンを上部に設置し、解決しない場合に電話でのお問い合わせを促す構成となっている画面です。

Webでのお手続きを強調したメニュー

D:目的に対してあてはまりそうな選択肢が複数あるメニュー
数多くのメニューを並べて、顧客に多くの選択肢を与える設計となっている画面です。

目的に対してあてはまりそうな選択肢が複数あるメニュー

最も分かりやすいビジュアルIVR画面とは

これらの4つについて、住所変更を希望する場合、どのサイトが最も分かりやすいか調査をしました。

続きはこちら
最もわかりやすいビジュアルIVR画面がわかる
「ビジュアルIVR最適なメニュー設計のポイント」を
無料でダウンロードできます