2022/01/14

チュートリアル

Spotfire トライアルのインストール

このコンテンツでは、Spotfire Analystトライアル版のインストールについて説明していきます。なお、本コンテンツで利用したバージョンはSpotfire 11.4です。ご利用環境によって、一部画面構成が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

探索的分析/原因分析の領域で
高い評価と実績
TIBCO Spotfire

TIBCO Spotfire®は分析に必要な機能を単一製品でカバーするビジュアルアナリティクスツールです。

無料トライアルについて

Spotfire Analystは無料トライアルを利用できます。
お申し込みはこちらから行ってください。リンク先のWebフォームに必要次項を入力し、お申し込みしてください。

通常版との機能差分

トライアル版では、Spotfire Analystの機能を通常と同じように使用できます。
一方で、Spotfire Serverに含まれる機能は一部制限されます。

以下の表は、トライアル版と通常版の機能差分です。トライアル版でも学習に必要な機能は充分揃っていることがわかります。

機能 通常版 トライアル版
ダッシュボードを開き、ページを選択し、データをフィルタリング、マークする
ビジュアライゼーションを作成する
ビジュアライゼーションの設定をする(軸、色、形状、トレリス、フィルタスキームなど)
詳細なビジュアライゼーション、新規ページ、計算カラム、カスタム演算式を作成する
ダッシュボードをデバイスに保存し、PDFドキュメントとしてエクスポートする
データテーブルを保存し、PowerPointにビジュアライゼーションをエクスポートする
ローカルからテーブル、テキスト、またはExcelからの新しいデータソースを追加する
統計ツール(予測、回帰モデリングなど) を利用する
文書のプロパティの編集、データテーブル間のリレーションシップの設定、行/列方向に追加する
webブラウザで分析ファイルを開く
接続先(外部DB)へアクセスする
インフォメーションリンクを作成し、アクセスする
ブックマークを共有する
データ項目を検索する
ダッシュボードをライブラリに保存し公開する
Statistics Servicesを利用する ●*
Automation Servicesを利用する ●*

*アドオン機能として、別途ライセンス契約が必要になります。

トライアル版インストール手順

Spotfire Analystトライアル版のインストール手順を説明していきます。

インストーラのダウンロード

Webフォーム登録から2営業日以内(土・日・祝日除く)に無料ライセンスが発行され、以下のメールにてお知らせします。

--------------------------------------------------------------------------------------
【件名】
TIBCO Spotfire 無料トライアル版インストールに関するご案内(NTTコム オンライン)
--------------------------------------------------------------------------------------

メール内のURLから「無料トライアル版インストーラー」をダウンロードします。

インストーラーの実行

ダウンロードしたインストーラを展開して実行します。User License Agreementをご確認後、同意いただける場合はチェックをして「Next」に進みます。

ユーザ管理機能をもつSpotfire ServerのURLを指定します。以下のURLを入力し、「Next」をクリックしてください。

https://sf-trial.comstb.com

画面に従ってインストールを完了させ、Spotfire Analystを起動します。以下のようなTIBCO Spotfire AnalystのWindowsアイコンをダブルクリックしても実行できます。

Spotfire Serverへログイン

Spotfire Analystを利用するには、起動時にSpotfire Serverへのログインとユーザ認証が必要になります。Spotfire Analyst 10.10 を起動し、 Spotfire Serverにログインします。
以下の情報を起動後の画面で入力し、「Log in」をクリックします。

  • ユーザ名  : 無料トライアル申込後に届くメールに記載
  • パスワード:無料トライアル申込後に届くメールに記載
  • URL   :https://sf-trial.comstb.com

Spotfire Analystをご利用いただくためには、起動ごとにSpotfire Serverへのログインが必要となります。

ログインすると、サーバー内にDeployされている最新Packageが自動でダウンロードされます。新規インストール後の初回ログイン時や、新しいHotfixなどがサーバーにDeployされた場合に以下のメッセージが表示されます。
「Install now」でパッケージがダウンロードされ、インストールが実行されます。

「View details」でインストールされるパッケージを確認できます。

日本語化設定

初期設定では英語のユーザーインターフェイスになっているため、日本語化の設定を行います。Spotfire Analyst 11.4 を起動します。

ツールバーの「Tools」タブから「Options」を開きます。

「Application」の「Language」で選択中の「English(United States)」をクリックします。「Japanese(Japan)」を選択し、「OK」を押します。

Spotfire Analyst 11.4 を再起動すると、設定が反映され、日本語化は完了です。
以上でインストールは完了です。

トライアルの注意事項

  • 無料トライアルは1回のみのご利用となっています。無料トライアルを更新・継続してご利用いただくことはできません。
  • このトライアル版に含まれるのは「Spotfire Analyst 11.4」のデスクトップアプリケーションです。ご使用いただくためにはお持ちのPCにトライアル版をインストールいただく必要がございます。
  • Windows環境端末PCの動作環境はこちら
    本サービスの試用は、お客様自身の責任で行っていただきます。試用により発生した損失や損害について、当社では一切責任を負いかねます。
探索的分析/原因分析の領域で
高い評価と実績
TIBCO Spotfire

TIBCO Spotfire®は分析に必要な機能を単一製品でカバーするビジュアルアナリティクスツールです。

【チュートリアル】記事一覧に戻る
全記事一覧に戻る