CVR

CVRとは、Conversion Rateの略で、日本語では顧客転換率や成約率といった言葉で表現されます。各種マーケティング施策の成果を測るための重要な指標のひとつであるCVRについて、必要な知識をわかりやすく解説します。

CVRとは

CVRとは、Conversion Rateの略で、日本語では顧客転換率や成約率といった言葉で表現される。基準となるアクセス数から、実際にどれだけの人が購入や申込みといった成約(アクション)に至ったかを表す数値で、各種マーケティング施策の成果を測るための重要な指標のひとつである。CVRの状況から、ウェブサイトで行う施策の優先度を決め、方針を立てることができる。

CVRの改善には、サイト全体の見直しが必要

CVRを計測するには、まず母数を明確にすることが重要である。一般的には自社サイトへの訪問(アクセス)数が母数となるが、場合によっては広告のクリック数などを母数にすることもあり、効果検証の目的に合わせた設定が必要になる。
CVRの改善でカギとなるものに「集客」と「接客」がある。集客の改善では、「よりコンバージョンしやすいユーザーの収集」を、接客の改善では、「訪問したユーザーがよりコンバージョンするような誘導」を目指すと良いとされている。

また、サイトの見やすさやアクションのしやすさも、CVRに大きな影響を及ぼす。「購入するためのボタンが見つけにくい」「申込完了までに複雑な情報の入力を要する」といった作りにならないよう、顧客目線での設計が必要となる(エントリーフォーム最適化など)。
目標とするコンバージョンを達成するための必要な施策は何か、分析と改善を繰り返しながら多角的に検討する必要がある。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。