コンテンツマーケティング

潜在顧客や顧客に対し、有益なコンテンツを継続して提供することで、興味・関心を抱かせて購買へとつなげ、最終的にはファンとして定着させることを目的とするコンテンツマーケティング。その手法など、施策に必要な知識を解説します。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、潜在顧客や顧客に対し有益なコンテンツを継続して提供することで、興味・関心を抱かせて購買へとつなげ、最終的にはファンとして定着させることを目的とするマーケティング手法である。コンテンツマーケティングという言葉が使われ始めたのは2001年であるが、考え方そのものの歴史は古く、1895年に農機具メーカーであるJohn Deereが発行した雑誌「The Furrow」の登場が始まりとされている。

コンテンツマーケティングで自社のファンを増やす

コンテンツマーケティングのポイントは、「価値あるコンテンツの作成」「顧客の育成」「ファン化」の3つとなる。まだニーズが顕在化していない「潜在層」に対し、価値あるコンテンツを通して自社の存在を認知してもらい、段階的に信頼を積み上げ、購買、ファン化へと後押しをしていく。主に、ブログやメールマガジン、ホワイトペーパー、動画などが、コンテンツマーケティングで使えるツールとして挙げられる。即効性が望める手段ではないため、じっくりと腰を据えて取り組む姿勢が求められるといえるだろう。
なお、コンテンツマーケティングに取り組む際には、消費者の購買モデル「ZMOT(Zero Moment of Truth)」という情報収集のステップ行動においても理解しておくと良い。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。