BtoB

BtoB(Business to Business)とは企業間取引のことです。その特徴や、BtoBを進めていくにあたって必要な知識を解説します。

BtoBとは

BtoB(Business to Business)とは企業間取引のことである。企業が企業に対して商売することで、具体的には製造に利用する機械や業務で利用するシステム、マーケティングに利用するツール、プロモーションサービスの販売提供といった取引が該当する。BtoBの対比語として、BtoC(Business to Consumer)があるが、こちらは消費者を対象とした取引を示す言葉である。

購入までのプロセスが複雑なBtoB

BtoBの特徴として、購入に至るまでの検討期間が長くなることが挙げられる。それは、企業という大きな組織が商品やサービスを購入することに起因する。まず、購入金額が高額になるものが多く、その価格ゆえ詳細な比較・検討がなされるが、それにはある程度の時間が必要となる。さらに、意思決定者が複数の部門や人にまたがって存在しているため、決定までの時間も要することになる。
このように、購入の意思決定までのプロセスが複雑なBtoBマーケティングでは、見込み客とじっくりと向き合い、優良顧客へと育成する必要があるが、長期間にわたる営業活動では、時に相手とのコミュニケーションが希薄となり、気がついたら自社の顧客が競合他社の客になってしまう場合も少なくない。そうならないためにも、相手先の進捗状況をしっかり捉え、SFAやCRMといったツールの活用や、インバウンドマーケティングといった手法を用いながら、効率的かつ戦略的に関係を構築していく必要がある。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。