MA

MAとは、マーケティングオートメーション(Marketing Automation)の略で、マーケティング活動を自動化するツールおよびプラットフォームを指す言葉です。MAの機能や期待できる効果について解説します。

MAとは

MAとは、マーケティングオートメーション(Marketing Automation)の略で、マーケティング活動を自動化するツールおよびプラットフォームを指す言葉である。MAの概念は、1990年のアメリカのある企業が発祥といわれているが、1999年、Eloqua(現、Oracle)の登場をきっかけにアメリカ全土に広まった。日本では、2014年に急速に市場に広まったことから、この年を日本における「マーケティングオートメーション元年」と呼んでいる。

MAの活用でコストの軽減と会社全体の営業力をアップ

営業活動の前段階となるマーケティング活動は、データの抽出や分類、メールや紙の資料の送付など、人手のかかるものも多く、対応に限界があった。
MAのメインとなる機能に、顧客の管理とスコアリングがある。企業名や氏名はもちろんのこと、その顧客情報を得るに至ったルートや、自社サイトへの訪問回数といった行動履歴を細かくデータ化することにより、顧客の状況の詳細が把握できる機能である。これを使うことで、数ある見込み客の中でも、特に確度の高いものを自動的に抽出できるため、リアルタイムな顧客情報にもとづいた営業活動に貢献が可能だ。さらに、日々の営業活動の効果も見える化されるため、PDCAを効率的に回していくこともできる。
多様化する見込み客一人ひとりにきめ細やかな対応をするためのサポートツールであるMAは、その使い方次第で強い味方となるだろう。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。