見込み客

見込み客とは、自社の商品やサービスに関心があり、近い将来購入の可能性がある顧客のこと。見込み客の定義と獲得施策についてわかりやすく解説します。

見込み客とは

見込み客とは、自社の商品やサービスに関心があり、近い将来購入の可能性がある顧客のことを指す。現状では購入に至っていないものの、会員登録や資料請求が完了している人々は、見込み客として捉えることができる。
よく似た言葉に潜在顧客があるが、こちらは自社の商品・サービスへの関心が薄い層である。潜在顧客にリーチし、商品の魅力を知ってもらうことでニーズが喚起され、見込み客へと転換する可能性は高い。

有益な情報を提供して見込み客を優良顧客に

見込み客は、適切にアプローチすることで優良顧客へと育つ可能性が高い。特に、ITが進歩し、ウェブサイトやメール、アプリといったツールで顧客との接点が数多く設けられる現代において、見込み客の獲得施策は必ずなされるべきもののひとつである。
有効な営業活動として、メルマガ配信や出展イベントへの招待、営業電話などがあるが、最も重要なポイントは見込み客の心理状態に合わせた活動をすることである。例えば、購買予定がない状態での強力な営業は、嫌気がさし見込み客の心が離れてしまうからだ。常に、見込み客の視点に立った、丁寧なコミュニケーションの構築こそが成約に結びつくことを忘れてはならない。
見込み客へ効率的にアプローチし、適切な関係を築いていくためには、CRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援システム)といったシステムの活用も有効な手段となる。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。