データドリブンマーケティング

データドリブンマーケティングは、さまざまなデータを統合的に活用しながら経営戦略や企画立案を行うマーケティング手法です。その実施方法や注意点について解説します。

データドリブンマーケティングとは

データドリブンマーケティングとは、売上データや顧客データ、アクセス解析データ、行政が公開しているデータなど、さまざまなデータを統合的に活用しながら経営戦略や企画立案を行うマーケティング手法のこと。蓄積された過去のデータを適切に読み解くことで、勘に頼らない高精度な予測が可能となり、効果的な施策を検討できるようになる。

データドリブンマーケティングの成功のカギはPDCAを回すこと

データドリブンマーケティングで重要になるのは、マーケティングの目的とその目的に適したデータの収集である。データはあらゆるところから獲得できるため、データの取得・抽出ばかりに目が行き、分析に多大なコストが発生したり、目的達成のための改善立案がおろそかになってしまったりすることがあるので注意が必要だ。
データの抽出では、DMP(データマネジメントプラットフォーム)、ウェブ解析、MA、SFAといったツールをうまく活用し、効率的で的確な「データの見える化」に役立てると良い。
また、施策実行後には再度データを分析して、目的を達成できた場合はその理由を探り、ほかの施策に活かし、達成できなかった場合は原因を追究した上で施策を改善して実行する。このPDCAを回していくことで売上向上や顧客満足度向上につながり、データドリブンマーケティングの真価が発揮される。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。