TOFU

TOFUとは、Top of the Funnelの略で、マーケティングファネル(漏斗)に見立てて考えた際、その中でも最も初期段階のことを指します。TOFU段階での顧客の特徴やその施策についてわかりやすく解説します。

TOFUとは

TOFUとは、Top of the Funnelの略で、購買プロセスの最初期段階を表す言葉。人が商品やサービスを購入する際、まずは興味の段階から、徐々に本格検討をして最終的な購入まで至るが、この過程が進むごとに、人は少なくなっていく。これをマーケティング業界においてファネルで考えたとき、TOFUはその中でも最も初期の、興味・関心を抱かせる段階のことを指している。

TOFUでの目的はできる限り多くの見込み客に認知してもらうこと

TOFUは、購買プロセスの最初期にあたるため、いかに多くの見込み客に認知してもらえるか、その数字を追いかけるのが一般的である。例えば、オウンドメディアによる発信や、ホワイトペーパー・プレスリリース・SNSの活用、ウェブ広告などが具体的な施策として用いられる。ここで注意しなければならないのが、あくまでも認知や興味・関心を抱かせるレベルにとどめておくという点だ。
まだ、商品やサービスに対して興味を持っていない状態にもかかわらず、それらの具体的な魅力や使い方を説明されても、購買意欲をわかせることはできない。マーケティングを行う際は、ファネルの段階に合わせた施策を行う必要があり、ここにずれが生じてしまっていると、いくら露出を増やしても売上につながっていかないだろう。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。