SAL

SALとは、Sales Accepted Leadの略で、日本語では営業が承認した見込み客などと訳されます。MQLの中で特に条件が良い、つまり成約につながる可能性が高いSALについて解説します。

SALとは

SALとは、Sales Accepted Leadの略で、日本語では営業が承認した見込み客などと訳される。近年のBtoB分野の営業では、営業活動の第一段階として、さまざまなマーケティング活動から導き出された製品やサービスの購入につながると思われる見込み客を創出するケースが多くなっている。そうして創出された見込み客(MQL)の中で特に条件が良い、つまり成約につながる可能性が高いと営業に判断されたものがSALと呼ばれる。

いかにSALを増やせるかが、マーケティング部門の重要なミッション

SALは、一言でいえば営業する価値がある見込み客であり、実際に営業活動を行う客である。マーケティング部門では、いかに多くのSALを獲得できるかを考えながら日々の活動を行っていかなければならない。また、案件獲得の精度を上げるためには、SALの定義や条件を細かく取り決めておく必要があるため、各部門間の密な連携が求められる。
SAL数の増加施策として、部内にADR(Account Development Representative)を設置する方法がある。ADRは、営業への橋渡し的な役割を果たすポジションで、個々のスタッフが創出した見込み客を一度部内で集め、社内状況など、全体を俯瞰した上でより適切な見込み客を抽出し、営業に引き渡すといったことを担う。案件獲得につながるSALの提供手段として覚えておきたい。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。