ROAS

ROAS(Return on Advertising Spend)とは、かけた広告費に対する売上を%で表したもので、広告費の回収率ともいいます。ウェブ広告の効果測定指標として欠かせないROASについて解説します。

ROASとは

ROAS(Return on Advertising Spend)とは、かけた広告費に対する売上を%で表したもので、広告費の回収率ともいい、「ロアス」と読む。計算式は「広告経由の売上÷広告費用×100(%)」となる。100万円のウェブプロモーションを実施し、プロモーション経由で200万円の売上が上がった場合、ROASは200%という計算になる。よく似た言葉にROI(Return on Investment)があるが、こちらはかけた広告費に対する利益率となる。

ROASで広告施策のパフォーマンスを評価

ウェブ広告では、結果を測定しそれを可視化することが求められる。ROASのメリットは、各広告施策の売上に対する貢献度を把握し、広告予算を適切に配分できるようになることにある。広告の効果を可視化することで、施策の評価ができるようになるのだ。
ROASの高い広告に関しては予算を多く投下し、低い広告に関しては予算配分を再検討するか、ランディングページを改善することでROASを高める工夫を行う。ただし、売上額が高いだけで利益が少ない場合もあるので、最終的な評価はROIと合わせて判断する必要がある。また、ROASは短期的な指標のため、長期的施策には向かないといったデメリットもある。
広告の費用対効果に関する指標はさまざまなものがあるが、ROASは売上のパフォーマンスを評価する際に用いると良い。ほかの指標と合わせて、広告における費用対効果の拡大につなげていくことが重要になる。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。