MQL

MQL(Marketing Qualified Lead)とは、マーケティング活動によって創出された優良な見込み客のこと。顧客の創出・拡大に欠かせないMQLついてわかりやすく解説します。

MQLとは

MQL(Marketing Qualified Lead)とは、マーケティング活動によって創出された優良な見込み客のことを指す。テレアポをはじめとする営業活動ではなく、ホワイトペーパーのダウンロードリストや展示会での獲得名刺、ウェブプロモーション経由の獲得会員などがMQLにあたる。マーケティング担当者はMQLの創出や、育成のためにさまざまな活動に取り組むことが求められる。

マーケティング部門がMQLを優良顧客に育成

MQLに対し、セールスに値する見込み客のことをSQLという。SQLはニーズが顕在化しており、導入時期や購買意欲が明確になっているケースが一般的であるが、MQLはニーズや導入時期などが明確化していない層となるため、状況によっては受注までに数年間かかってしまう場合がある。受注に至るまでの期間が長いと、営業にリードを引き継いだとしても営業のフォロー工数が増加するため、営業担当者が積極的に取り組まないといった現実がある。しかし、質の良いMQLはリピーターになる確率も高く、営業効率の向上にも貢献できるため、これからの顧客獲得には欠かせないものである。
そこで重要になるのが、マーケティング部門によるMQLへのフォロー体制である。CRMやMAなどのツールを活用し、質の良いMQLをタイミング良く営業へ引き継ぐ体制を整えることで、MQLを効果的に利用することができるはずである。

資料ダウンロード

B2B企業における売上拡大につながるデジタルマーケティングとは?

変わりゆく顧客の意思決定プロセスや、営業スタイルの中で、これからのB2B企業が実施すべきデジタルマーケティングについてご紹介します。
更なる売上拡大・営業効率化を実現したいB2B企業様はぜひご一読ください。