NPS®ベンチマーク調査 2020
【転職関連サイト・転職エージェント】

スカウトサービスの利用者は、非利用者よりもNPSが高い傾向

2020/10/15

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は、転職関連サイトおよび転職エージェントの利用者を対象に、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPSのベンチマーク調査を実施しました。有効回答者数は、転職関連サイト部門(以下、転職サイト)が1,196件、転職エージェント部門(以下、転職エージェント)が1,120件でした。

※NPSのベンチマーク調査を通じて、対象の転職サイト、転職エージェントの利用者が、友人や同僚、家族にその転職サイトや転職エージェントを「どのくらいおススメしたいか」が分かります。

<調査対象企業(アルファベット順、50音順)>
転職関連サイト部門:
BIZREACH(ビズリーチ)、doda(デューダ)、Indeed(インディード)、エン転職、マイナビ転職、リクナビNEXT

転職エージェント部門:
doda(デューダ)エージェントサービス、エン エージェント、ジェイ エイ シー リクルートメント、パソナキャリア、マイナビエージェント、リクルートエージェント

転職サイトNPS1位はIndeed(インディード)、転職エージェントNPS1位はジェイ エイ シー リクルートメント

転職サイト6社のうち、NPSのトップはIndeed(インディード)(-21.1ポイント)となり、最下位の企業との差は33.3ポイントとなりました。上位2社の平均が-26.9ポイントとなった一方、下位4社NPS平均は-50.5ポイントとなり、二極化の傾向が見られました。
転職エージェントにおいては対象となった6社のうち、NPSのトップはジェイ エイ シー リクルートメント(-22.2ポイント)となり、最下位の企業との差は20.1ポイントとなりました。転職エージェントのNPS平均は-37.5ポイントとなりました。

NPS

転職サイトでは、求人案件の情報の信頼性に、さらなる向上が期待される

転職サイトにおいて、12の要因別に満足度と重要度を分析したところ、満足度が最も高かったのは、「求人案件の豊富さ」、次いで「求人案件の情報の信頼性」や「ウェブサイトの使いやすさ」と、求人案件に関する項目および、ユーザビリティ関連の項目となりました。また、重要度が高いにもかかわらず満足度が伸びなかった(重要度と満足度のギャップが最も大きかった)項目は「年収、役職など希望にあった転職の実現」、次いで「求人案件の質の高さ」「求人案件の情報の信頼性」となりました。「求人案件の情報の信頼性」は、満足度が高いものの、重要度がさらに高く、一層の改善が期待される項目となりました。
転職サイトNPS1位のIndeedは、「求人案件の情報の信頼性」に加え、「ウェブサイトの使いやすさ」や「検索のしやすさ」といったユーザビリティの部分で高い評価を得ていました。

転職エージェントにおいては、マッチング力が課題となり、改善に高い期待

転職エージェントにおいて、20の要因別に満足度と重要度を分析したところ、満足度が最も高かったのは、「キャリアアドバイザーの交渉力」、次いで「転職先決定後のアフターフォローの手厚さ」と、転職決定前後のキャリアアドバイザーの対応に関する項目となりました。一方、重要度が高いにもかかわらず満足度が伸びなかった項目は「自分にあった案件の紹介」、次いで「年収・役職など希望にあった転職の実現」となり、キャリアアドバイザーのマッチング力が課題となりました。
転職エージェントNPS1位のジェイ エイ シー リクルートメントは、上記ギャップの大きかった2項目で高評価を得るとともに、「求人案件の質の高さ」においても、高い評価を得ていました。

スカウトサービスの利用者のほうが、非利用者よりもNPSが高い傾向

採用企業側やエージェントが、ユーザーに対しダイレクトにアプローチすることができるスカウトサービスの利用有無別に、NPSを分析したところ、転職サイト、転職エージェント双方において、スカウトサービス利用者のほうがNPSが高い傾向となり、その差は15ポイント以上となりました。

図 スカウトサービス利用有無別NPS

図 スカウトサービス利用有無別NPS
転職サイト(左)転職エージェント(右)

また、スカウトサービスの利用有無別に「転職により実現できたこと」を分析したところ、「ワークライフバランスの向上ができた」、「希望していた職務につくことができた」といった項目において、スカウトサービス利用者のほうが、非利用者よりも、実現できたと回答した割合が大幅に高い結果となりました。

新型コロナウイルスの影響について情報提供を受けたユーザーは、転職サイトでは46.8%、転職エージェントでは71.9%

転職サイトや転職エージェントより、ウェブサイト掲載記事やメール、対面、電話などを通じて、新型コロナウイルスに関連した情報提供を受けたかどうかについて調査したところ、転職サイトでは46.8%、転職エージェントでは71.9%のユーザーが何らかの情報提供を受けていた結果となりました。
提供された内容として最も多かったのは「希望している業種・職種での採用活動の変化についての説明」、次いで、「オンライン面接や電話面接についての対策やアドバイス」となりました。また、今後期待する情報について、自由記述で調査したところ、「業界の採用動向」に加え、「採用企業の新型コロナウイルス対策」、「リモートワーク実施の有無」などについての言及が見られました。

利用の決め手となった情報源1位は、転職サイト、転職エージェントともに「企業のウェブサイト」。2位は、転職サイトが「比較サイトでの評価」、転職エージェントが「家族・親戚・友人・知人からのお薦め」(口コミ)に

転職関連サイトおよび転職エージェントの利用にあたり決め手となった情報源を調査したところ、転職関連サイトでは、1位は「企業のウェブサイト」(60.0%)、2位は「比較サイトでの評価」(16.6%)、3位は「インターネット広告」(16.0%)、4位は「家族・親戚・友人・知人からのお薦め」(口コミ)(15.9%)となり、上位はネット関連の情報源が占めました。
一方、転職エージェントでは、1位は「企業のウェブサイト」(50.6%)、2位は「家族・親戚・友人・知人からのお薦め」(口コミ)(25.8%)、3位は「比較サイトでの評価」(22.3%)、4位は「利用者によるウェブサイトやブログ」と、企業のウェブサイトに加え、リアルやネットでの口コミの割合が高い結果となりました。

図 利用の決め手となった情報源

図 利用の決め手となった情報源

ロイヤルティが高いほどポジティブな口コミが多い傾向

過去1年間に発信したポジティブな口コミを分析したところ、転職サイト、転職エージェントとも「推奨者」(推奨度が「9」~「10」の回答者)は「批判者」(推奨度が「0」~「6」の回答者)よりも口コミが多い結果となりました。

図 NPSセグメント別ポジティブな口コミ件数

図 NPSセグメント別ポジティブな口コミ件数
転職サイト(左)転職エージェント(右)

<調査概要>

【転職関連サイト】

  • 調査対象企業(アルファベット順、50音順): BIZREACH(ビズリーチ)、doda(デューダ)、Indeed(インディード)、エン転職、マイナビ転職、リクナビNEXT
  • 調査対象者: インターネットリサーチモニターのうち上記転職関連サイト登録者(過去3年以内)
  • 調査方法: NTTコム リサーチによる非公開型インターネットアンケート
  • 調査期間: 2020/09/10(木)~2020/09/16(水)
  • 有効回答者数: 1,196名
  • 回答者の属性:
    • 【性別】男性:63.5%、女性:36.5%
    • 【年代】20代以下:26.6%、30代:26.2%、40代:24.4%、50代:13.3%、60代以上:9.5%

【転職エージェント】

  • 調査対象企業(アルファベット順、50音順):doda(デューダ)エージェントサービス、エン エージェント、ジェイ エイ シー リクルートメント、パソナキャリア、マイナビエージェント、リクルートエージェント
  • 調査対象者: インターネットリサーチモニターのうち上記転職エージェント登録者(過去3年以内)
  • 調査方法: NTTコム リサーチによる非公開型インターネットアンケート
  • 調査期間: 2020/09/10(木)~2020/09/16(水)
  • 有効回答者数: 1,120名
  • 回答者の属性:
    • 【性別】男性:67.9%、女性:32.1%
    • 【年代】20代以下:28.2%、30代:28.5%、40代:21.5%、50代:13.8%、60代以上:7.9%